« やっぱりキリコとフィアナですよね | トップページ | »

2008年3月22日 (土)

ペールゼンファイル3の感想

今頃になってしまいましたが
ペールゼンファイル3の感想を。
DVDのパッケージを見て
相変わらず塩山氏の描くキリコと
映像中のキリコの顔にあまりにギャップあり。
などと思いながら見させていただきました。
だんだん核心に近づいてきておもしろなってきました。
でもなんといっても第5話のキリコの少年時代ですね。
かっこいいー、です。
なんだか第5話のキリコは
少年時代だけでなく他の前話のキリコとちょっと違う。
(^。^)いいかんじの顔のキリコ顔が多い。
おっやっとよくなってきたかな?
と思っていたら第6話でまた元に戻ってるー
  (-_-;)
なんでですか(T_T)、
とにかくまだ中盤ですよね。期待してます。
・・・・終わりよければすべてよしと

追伸・・・またまたarianroddoさんコメントありがとうございます。(^o^)/

|

« やっぱりキリコとフィアナですよね | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159405/11631726

この記事へのトラックバック一覧です: ペールゼンファイル3の感想:

« やっぱりキリコとフィアナですよね | トップページ | »